MENU

交通事故 こんなことで、悩んでいませんか?

こんなことで悩んでいませんか

さいたま市大宮で、交通事故の被害に積極的に取り組んでいる弁護士が、ご相談に対応します。

● 交通事故の話が難しくて、よく分からない。
 治療費の支払を打ち切りにされた。
 慰謝料は、いくらもらえるのか。
 休業損害の賠償は? 主婦の場合は?
 保険会社が示談金を提示した。その額でいいのだろうか?
 後遺症を認めてもらえない。
 さいたま市の弁護士に相談したい。
 事故状況の言い分が違う。過失割合の話がつかない。

→弁護士のプロフィールはこちら

弁護士は敷居が高いと感じられる方も、広くご相談ください。

弁護士

1 弁護士がつくと、賠償基準が変わる傾向にあります。

交通事故で、お怪我をしたり、車を傷つけられたとき、治療代や修理費など、きちんとした支払いをしてもらえるのか、気になるところです。
交通事故のご心配事は、早いうちから、私たち弁護士にご相談ください。
事故の相手ともめるような事がなければ、保険会社が治療費を支払い、示談金を提示され、保険会社が計算したのだから適正な示談金なのだなと考えて、示談する場合もあると思います。
被害者として、賠償の項目ごとに、意味を十分に理解し納得してから示談する場合には良いのですが、実は、保険会社の示談金は、十分な金額とは言えないことがあるのです。
交通事故の示談金には、大きくわけて、3つの計算基準があります。自賠責保険の基準、任意保険の基準、裁判基準といいます。
一般的に、自賠責保険の基準は最低ラインであり、次いで、任意保険の基準、裁判基準の順番に、賠償額が大きくなる傾向にあります。交通事故の被害者側に弁護士がついていない場合、加害者側の保険会社が提示する示談金額では、任意保険基準までで作られることが多いのです。
しかし、被害者側に弁護士つくと、保険会社が裁判基準をもとに示談金を考えてくれる傾向にあります。そのため、弁護士が就任すると、保険会社の提示額より、もっと高い金額の示談金をもらえる可能性があるのです。
裁判基準というのは、裁判にいったらこのくらい認められるだろうという基準で、計算をするものです。

さいたま市大宮の大宮桜木町法律事務所では、交通事故被害者の方が適正な賠償を受け取れるよう、依頼者様からお話を伺い、必要な資料を収集するなどして、賠償額を算出してまいります。

2 弁護士が交渉を担当します。

事故の被害者となり、治療のことや、お仕事のことなど不安を抱えながら、示談交渉の経験豊富な保険会社とやりとりをするのは、大変に感じることが多いと思います。
弁護士が代理人になると、加害者の保険会社との示談交渉は弁護士が担当します。加害者の保険会社からの連絡は、弁護士に来ることになり、交渉の経過や結果をご依頼者様にご報告します。保険会社と話す必要がなくなるので、交渉の煩わしさから解放されることは、弁護士に任せるメリットのひとつです。
交渉を弁護士が担当するといっても、ご依頼者様との打ち合わせなく、いきなり示談をしてしまうようなことは、ありません。
大宮桜木町法律事務所では、弁護士は敷居が高いと感じられる方もご相談いただきたいと考えています。
弁護士が相談しやすいように配慮するのはもちろん、事務所への来やすさや、リラックスしていただける環境にも気を使っています。
最寄り駅はさいたま市の大宮駅で、埼玉県内からアクセスしやすく、事務所はオフィスビルの中にありますので、女性や高齢者の方にも安心してご相談いただけます。
交通事故の被害にあわれた方に、少しでも早く頼られる法律事務所になって、普段の生活を取り戻していただくサポートをしたいと考えています。

事務所紹介

お問い合わせ

過失割合のサポート

交通事故では、どんな事故だったのか、相手方と言い分が違うことがあります。お互いに全然違うことを言い合うこともあります。
事故の言い分が違うと、過失割合が変わります。過失割合は、事故になったそれぞれが、どのくらいの割合で過失があったかということです。

たとえば、1対9とか、5対5と言ったりします。
過失割合で不利になると、その分、損害賠償金としてもらえる金額が減らされてしまうのです。

私たち弁護士は、こうした言い分が食い違う場合、つまり過失割合に争いがある案件についても、代わりに相手方と交渉したり、証拠を集めて裏付ける活動をすることができます。

話し合いがまとまらないときは、弁護士がご本人様の代わりに訴訟など法的な手続を取ることもできます。さいたま市在住の方が、交通事故の損害賠償請求訴訟を提起する場合、140万円を超えるケースでは、浦和のさいたま地方裁判所に提起することが可能です。

事前の費用説明

料金のことも、事前にきちんとお示ししています。事前のご了解なく、いきなり高額の費用を請求されることはありません。
弁護士は敷居が高く感じられる方も、いらっしゃると思います。
私たちは、そうした方にも、広くご相談いただきたいと思っています。

交通事故にあってご心配なことやお困りごとがありましたら、さいたま市大宮の、大宮桜木町法律事務所にお任せください。

また、弁護士費用保険に加入されている場合は、自己負担なしで弁護士にご依頼いただけるケースが多いです。詳しくはお問い合わせください。

>>弁護士費用

>>お問い合わせ

大宮桜木町法律事務所 5つのポイント

大宮桜木町法律事務所 5つのポイント

1 治療中から受任できます。

治療を続けながら加害者側の保険会社と交渉するのは、負担に感じることも多いものです。

大宮桜木町法律事務所は、交通事故の直後から受任可能です。煩わしい交渉は弁護士に任せて、治療等に集中できます。さいたま市や大宮以外の医療機関にご通院中の方も、ご依頼いただけます。

2 交通事故の被害に積極的に取り組んでいます。

さいたま市大宮で、交通事故の被害に積極的に取り組んでいます。
治療費打ち切りへの対応、後遺症の認定手続や異議申立て、示談の交渉、交通事故紛争処理センターへの申立て、訴訟提起など、交通事故に関するお困りのことは弁護士にご相談ください。

3 後遺症認定もサポート

治療後の残存症状に応じた適正な後遺症、後遺障害等級が認められるよう、弁護士がサポートしています。
後遺傷害等級の認定結果に不服があるときは、医学的な資料や意見書などを収集し、検討の上、異議申し立てを行うことも可能です。

骨折による後遺症、頚椎捻挫など、交通事故の後遺症を広く取り扱います。

4 複数の弁護士による対応も

大宮桜木町法律事務所を経営する3名の弁護士が、それぞれの多角的な視点から案件を分析し、連携を取って対応することも可能です。

5 平日の夜、土日祝日、相談できます。

ご予約いただければ、平日の夜や土日祝日も交通事故のご相談をいただけます。さいたま市大宮近郊の方以外も、ご利用になれます。

>>お問い合わせ

基礎知識とQ&A

交通事故の損害賠償請求に関する基礎知識とQ&Aです。

交通事故の基礎知識とQ&A

交通事故と弁護士

>>交通事故と弁護士の役割について。弁護士費用も掲載。

人身事故ご相談

>>人身事故の場合の法律相談、示談交渉、交通事故紛争処理センター、訴訟など。

休業損害

>>お勤めの方、自営業者、主婦の休業損害。

入通院慰謝料

>>入通院慰謝料の解説や、算定方法。

後遺症

>>後遺症認定、異議申し立て、賠償内容。

過失割合

>>過失割合の解説と、争い方。

お客様の声

大宮桜木町法律事務所にお寄せいただいたお客様の声を、そのまま活字にして掲載しています。交通事故に限りません。

お気軽にお問い合わせください。048-783-3523お電話の受付時間 平日 9:00-17:00

お問い合わせ